Category Archives: その他

管理人の交代

「管理人の交代」

 POの海外移住にともない、管理人がPOからAPMに交代することになった。このHPをPOが更新するのも今回で最後となる。

 2003年の9月にメーリングリストを開始して以来、青天井は今秋で丸10年を迎えようとしている。
 もともと株の集まりだったのが、POのトレード対象の変化にともない、徐々にオプションを中心とした集まりに変わってきた。グループ自体の性格も、当初は実戦に役立つトレード情報の交換の場を意図したのが、現在ではむしろ各人の研究成果を発表する場として機能している。
 メンバーの成長や入退会にともない、今後もグループは変貌していくことだろう。個人だろうが集団だろうが、人間はつねに変わっていくものだから、それで構わない。POはトレーダーなので、このグループはますます発展していくだろう、といった聞こえのいい希望的観測を書く気はない(笑)。何事もなるようにしかならない。
 とはいえ、せっかく人数も増え、活動の枠組みも固まり、対外的な認知度も高まってきた。なにより最近の各種研究会での発表内容の充実ぶりを考えると、これだけの集まりをしぼませてしまうのは惜しい(オプションを中心とした非営利のグループでは日本一ではなかろうか)。できることなら今後も継続し、発展していってほしいとは思う。
 将来がどうなろうとも、ひとつだけいえることがある。新管理人にはAPMさんが適任であり、彼がグループを率いたのなら結果がどうなろうが受け入れられるということである。その点にPOの疑いはまったくない。

 今後はPOは1メンバーとして、年に1回程度、帰国のさいに研究会に出席し、ふだんはメールやチャットでの活動とさせていただく。気楽な立場であらためて青天井に参加できることを嬉しく思う。メンバーのみなさん、今後ともよろしく。〔PO〕

「新管理人からの挨拶」

新しく青天の管理人となりましたAPMです。
POさんのように投資で卓越した成績を残しているわけではない自分が、個性の強い青天のメンバーを引っ張っていけるのだろうかという不安はありますが、POさんからご指名を受けた以上、精一杯やっていこうと思います。

POさん、長きに渡り青天の管理人ご苦労様でした。
個人的には寂しい思いですが、投資で成功し新たなステージへ旅だつわけですから気持ちよくお見送りしたいと思います。
どうなるかはわかりませんが、私なりの方法で青天を盛り上げていこうと思いますので安心して旅立ってください。〔APM〕

「勉強会」の開催

2013/1/5(土)13:00-17:00 銀座(メンバーのオフィスの会議室)。
参加者10人。
終了後に新年会。

 年末年始をはさんで研究会のあいだが2カ月空くことになったので、なにか企画をやろうということになり、初めて「勉強会」を開いてみた。
 青天井はプロやセミプロが研究発表や情報交換をする場であり、勉強をする場ではないのだが、メンバー間にトレーダーとしてのレベルの差があるのは事実。「先生」が「生徒」に教える機会があれば、全体の平均レベルも押し上げられよう。
 先生役は管理人のPOがやることにした。オプションを教えられるようなレベルではないが、10数年にわたり専業トレーダーとして利益を上げ続けている(「あの1年」をのぞいて)のであれば、そちらの面から多少はものを語る資格もあろう。

 4時間のうち2時間をトレードやオプションについての講義、後半2時間を質疑応答(事前に集まった質問の数は46に及んだ)にあてるつもりだったが、講義だけで予定の時間を費やしてしまい、質疑応答は居酒屋に場所を移して行われた。
 POは6時間にわたって語り、他のメンバーは質問をはさみつつ聞き続け、なんとも真面目なグループである。
 開催した意義はあると思うが、先生も生徒も疲労するので、2回目があるかどうかは不明(笑)。メンバーから希望があれば、いつかまた、今度はべつの先生で。〔PO〕

青天シミュレーターの完成

 メンバーからリクエストの多かった、225オプションの過去データを使ったエクセルのシミュレーションシートがついに完成した。1989年以来の225先物とオプションの価格がボタンひとつで呼び出せ、営業日ベースのIVやギリシャ文字も表示できる優れ物である。
 これにより、過去のある時点で建てたポジションの損益やパラメータの変化を追うことができるようになり、メンバーのオプション研究にも弾みがつくだろう。
 制作してくださったGCHさん、どうもありがとうございます。

 これで、リアルタイムのポジション管理は青天シート、過去データを用いたシミュレーションは青天シミュレーターと、オプションのトレードと研究に必要なツールは揃ったわけで、あとはメンバー各人が成果を上げるだけ、ということになる。
 今後の研究会での発表が楽しみだ(とプレッシャーをかけておきます(笑))。〔PO〕

IB証券の情報を更新しました

 いろいろ新しいことがわかったので、本HPのIB証券のページに情報を追加しました。また、TWSの情報は切り離して別のページにまとめました。
 今後ともページは小まめに更新していくつもりです。IB証券をお使いの方はご参考にしてください。〔PO〕

東証でかぶオプについて話をしました

 取引が伸び悩んでいるかぶオプ(個別株オプション)について、東証まで出向いて意見を言うことはできないかとIB証券の方から依頼され、青天井でお受けすることにしました。

 5/7(月)の19時から1時間あまり、東証の会議室で社員の方々と向かい合って座りながら、まずかぶオプについて全体的な説明を受け、その後は青天井の5人でかぶオプ普及のためのアイデアをしゃべらせてもらいました。
 具体的には、売り買いの気配差を狭める、証拠金をより効率よく使えるようにする、カバコやターゲットバイイングといった低リスクな手法の認知度を上げる、個人トレーダーへの効果の高い宣伝方法を試みる、IVのランキングや時系列データを提供する、などの提言をしました。

 個別株オプションは世界各国で盛んであり、市場規模が小さいのに日本をはるかにしのぐ取扱高を示している国はいくつもあります。日本は個別株オプションの潜在的な需要が十分に(ほぼまったく?)掘り起こされてないと言えるわけで、将来の拡大余地はきわめて大きいと考えられます。
 われわれ個人トレーダーとしても、かぶオプが盛んになればトレードチャンスが広がるというもの。東証の今後のかぶオプ拡充策に期待しています。〔PO〕

2011年度 総会

2011/12/17(土)16:00-17:00 銀座(中小企業会館)。
参加者21人+見学者5人。
終了後に忘年会。

【内容】

 この1年間の青天井の活動状況の報告と、今後の方針の確認。
 研究会ごとの活動が進み、おたがいの顔が見えにくくなってきたので、現在どのような形で活動が行われているかを包括的かつ具体的に説明していった。
 これも時間の読みを間違えて、圧倒的に時間が足りず。みなの意見を聞きながら話を進めていくなら倍の時間が必要だろう。
 最後の5分でちょっとした「驚きの発表」あり。〔PO〕

青天井の活動が記事で紹介されました

 9/27付の日経テレコン(8:30)や日経新聞の電子版(9:34)の記事で青天井の活動が紹介されました。以下、記事の該当箇所です。〔PO〕
――――――――――――――――――――――――――――――――
多様化するFX投資家 ミセス・ワタナベに続く「なでしこFX」
2011/09/27, 08:30, 日経速報ニュース, 1219文字

外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける投資家の裾野が広がってきた。単なる「お小遣い稼ぎ」の場から「資産運用の手段の1つ」としてFXを活用する機会が増えているためで、取引する際に差し入れる証拠金残高も初めて1兆円を突破した。日本のFX投資家は主婦が多いため「ミセス・ワタナベ」の通称で呼ばれるが、これに続く投資家が続々と参入している。
「そんなに勝率が高いのか」「その『買いサイン』の計算方法をもう一度教えて」。個人投資家サークル「青天井」が9月上旬に都内で開いた定期勉強会。普段は株のオプション取引を研究する集まりだが、メンバーの1人が独自開発したFX取引の“戦法”を披露すると矢継ぎ早に質問が飛んだ。
FX取引に対する個人投資家の関心の高さは、カブドットコム証券の統計からも見て取れる。同社の8月のFX口座数は前年同月比で16%増加。伸び率は証券口座数の5%や信用取引口座数の6%を大きく上回った。 〔以下略〕

青天シートのバージョンアップ

 青天シートを2.0から2.1にバージョンアップしました。修正箇所および追加された機能は以下の通りです。

・23:31のポジションの自動保存をストップ。
・ファイル名(book名)を変更可能に。
・「損益グラフ」内のバーチャルポジションのシュミレート機能の不具合を修正。
・別シートでスマイルカーブを追加。
・「損益グラフ」内に現在およびバーチャルポジションのガンマとベガ曲線を表示。
・「OPdataシート」にIVの現在値の表を追加。

 今回からオリジナル作成者であるBさんのかわりにAPMさんが担当になりました。〔PO〕