Category Archives: 定例研究会

第27回定例研究会

2015/12/5(土)13:00-17:00 @東京駅
参加者20人(うち話者8人、見学者4人)。
終了後に近所の居酒屋で忘年会。

【内容】
・ストレスを感じないトレード手法紹介(AKY)
コストをかけずにコールとプットのロンバタを建て、SQに向けて両者を接近させていく手法について紹介した

・日経平均の年末年始の特性を利用した先物オプション戦略(OKZ)
過去のデータにもとづき、高い確率で市場からお年玉を頂く手法について提案。
またその他の時期の季節性傾向についても簡単に解説した。

・VIX先物を利用した放置戦略(CHN)
VIX先物を利用した兼業向け放置戦略を過去7年分のデータから検証し、その結果を発表した。

・VIX、VIX関連ETFについて(YMK)
ボラティリティインデックスのロールメカニズムを利用した収益機会を探す

・投資手法の変更(NKG)
投資手法の変更の是非 必要な場合、不必要な場合等

・Paraboricシステムのオプション検証(SRU)
225で優位性があったシステムを、オプショントレードに応用した検証結果。
オプションで、デビットやレシオを検証し、優位性のあった結果を発表した。

・裁定買い残から見るMSQ週の暴落予測(MYU)
先物買と日経225現物間で生じる機関の鞘どり。その動向をとらえることで、暴落の予想は可能なのかどうかを検証した。

・来年に向けての投資戦略(BOL)
金融緩和イベント対策のOPリバースカレンダー戦略に関するアプローチの考察と、指数アノマリーと個別テーマ選別方法について説明した。

【コメント】
今回は、9月の定例研究会が急きょ中止になった関係で半年ぶりの定例研究会だった。
時間の調整が難しく最後時間が足りずにバタバタとしてしまったのは申し訳なかったが、内容としては皆さんしっかりと準備して発表してくださって良かった。
研究会後の忘年会も時間を延長するほど盛り上がり、見学された方も満足して帰っていただけたようだ。
(APM)

第26回定例研究会

2015/6/20(土)12:00-17:00 @東京駅
参加者20人(うち話者10人、見学者3人)。
終了後に飲み会。

【内容】
・通常時と異常時のストラテジーミックス(RKN)
通常時にベアシンセおよびプットバックを組み、非常にリバースカレンダーへと移行する戦略の組み合わせについて考察した。

・Fxのファンダメンタル投資法(FLP)
Fxをファンダメンタル視点で検証した結果、十分な有効性が検証することができた。
また、いま旬な通貨について特定した。

・月間アノマリーを利用したオプション戦略(TFT)
月ごとの上昇、下降の偏りを利用したオプション戦略の考察。
ロングバタフライとリスク限定の買い戦略についてシミュレーションした。

・コールオプションの裸売り(MAC)
適切な損切りを前提として、ファーアウトのコールオプションを裸売りし続けた場合、長期間では収益となる可能性が高いことを検証した。

・ポジションの含み損発生時におけるオプションでのヘッジについて(AHO)
上昇トレンドの相場における調整での下落局面で、ポジションに含み損が発生した場合の先物売りやコール売りを用いたヘッジの考察。

・日経225オプションの日中足分析について(YMG)
 東証が提供するデータを利用した日中足分析について方法や留意点などを説明した。

・過去の投資遍歴等(OSW)
過去の投資遍歴について徒然に論じ、C売りのタイミングを日経平均から決定する方法について述べた。
米国ETNのVXXとXIVについてチャートを用いて述べた。

・ボラティリティの期間構造について(AIC)
ボラティリティの期間構造に関する海外研究を紹介した。
日経225のIV期間構造データに基づいたストラドル戦略について考察した。

・RK指数と133レシオ(PCH)
RK100%を目指すために活用すべき133レシオについて。

・ショートバタフライの特徴と活用方法(APM)
ショートバタフライの特徴と、具体的な活用方法について検証した。

第25回定例研究会

2015/4/11(土)12:00-18:00 @東京駅
参加者21人(うち話者5人、見学者4人)。
終了後に飲み会。

【内容】
・自己紹介を兼ねた近況報告(PO)
 オーストラリアから一時帰国し2年ぶりの研究会参加のため、自己紹介を兼ねた近況報告。
 移住の意図とビザ取得のプロセス、オーストラリアでの生活、トレーダーとしての心境の変化などを語った。

・マーケットシナリオ(NKG)
 SQまでを見据えたマーケット戦略のポジション実例とその考え方

・日経VI-225オプションアービトラージ(MNA)
 VI先物とあるべきVIには解離が頻繁に発生しており、その歪みを裁定する方法を示した。

・カバードコールの研究(OKZ)
 日経225オプションにおけるカバードコールについて検証してみた。
 個別株との組み合わせによるカバードコールについて検証し、その可能性を示した。

・オプションとトレード全般に関するパラダイムシフト(PO)
 グリークスに頼らないオプションポジションの構築法、225オプションと米株ウィークリーオプションにおけるP式レシオの使い方と成績、海外市場における各種金融商品のトレード方法について詳説。
 放置しながら安定した収益を上げ続けるための新たなパラダイムを提示した。

【コメント】
前管理人のPOさんの来日に合わせ、3月開催の定例を4月に変更して行った。
内容的にも、POさんが一人で沢山の研究を発表をしてくださり、いつもの定例研究会とは若干違う形で行われた。
2年振りの来日だったのだが、その間にため込んだ実践的な研究成果を惜しげもなく披露し、青天メンバーはこうあるべきだという姿を率先して示してくださった。
また、MNAさんも3回連続での発表を引き受けてくださった。
高度な内容のため、理解しきれていない参加者もいたかもしれないが、高頻度であのレベルの研究を披露してくださることは、他の参加者にとっても大変刺激になったのではないか。
終了後は、POさんを囲んだ飲み会で盛り上がる。
(APM)

第24回定例研究会

2014/12/13(土)12:00-17:00 @東銀座
参加者21人(うち話者10人、見学者2人)。
終了後に忘年会。

【内容】
・LSの仕掛けタイミングを騰落レシオと日経平均先物の変動率から考察(HRO)
 急落、急騰局面でLSを仕掛ける仮説を立て、騰落レシオの一定の範囲でシミュレーションを行い、日経平均先物の変動率とともに考察し、最適投資タイミングについて報告した。

・商品先物のパラボリック戦略、日経225オーバーナイトロジックの検証(MRI)
 東京ガソリンと東京白金の過去6年間の日足データをもとにして、トレンドフォロー型指標のパラボリックを使ったドテン売買を考察した。
 火曜日・水曜日の夜間取引の特異性について検証した。

・TOB投資について(B)
 TOBの投資について、TOBの種類別に投資実例を元に解説した。

・窓埋めの法則を利用したスイングオプション戦略(CHN)
 日経225先物の窓埋めの傾向を調査し、その性質を利用した具体的な手法を紹介した。

・月末アノマリーを利用したロング戦略(MOG)
 月末から翌月月初にかけてのアノマリーを利用して先物とOPのいろいろなロング戦略の優位性を検証した

・インカムゲイン投資の紹介(YMK)
 インタラクティブブローカー証券を使った高利回り債券、REIT,モーゲージリート等への投資を紹介。
 アセットクラス間の相関や各商品のリスク特性を考え、安定収入を目指す手法を紹介。

・225デイトレードの検証結果(SRU)
 NSの順張りトレードの、保有時間・曜日分析・4区分分析。
 天体アノマリーロジックの検証結果

・消費税還付(sak)
 消費税の還付方法の手法を説明した。

・オプション取引のための自己ツールの紹介(TRO)
 オプショントレードのために必要な指標計算とポジション・損益把握およびシミュレーションのための自己作成ツールを発表。

・αスプレッド(MNA)
 低リスクで放置可能な、新発想のスプレッドを考案。

【コメント】
今年最後の定例研究会だった。
初めての発表の人も何人かいたが、しっかりと準備して発表をしてくれた。
在籍年数の長い人は、当然高いクオリティの発表をしてもらう必要があるので、今後は基準を厳格にしていきたい。
忘年会では、久々のメンバーも集まり盛り上がった。
来年からは管理人業務に力を入れて、よりレベルの高い会にしていきたい。
(APM)

第23回定例研究会

2014/9/20(土)12:00-17:00 八重洲
参加者19人(うち話者9人、見学者2人)。
終了後に飲み会。

【内容】
・132バック&レシオについて(PCH)

 権利行使価格間の鞘をとる戦略。
 その活用法と欠点について。

・SQ日までの残存日数と日経平均の変動幅分析による、SSGの仕掛け・決済に関する一考察(MAC)
 SQ日までの残存日数と日経平均の変動幅分析による、SSGの仕掛け・決済についての考察を発表。

・VIX売りタイミング(MNA)
 VIX売りに適した時期を、シンプルな指標で判断できること示した。
 また、ボラティリティー急上昇時に売りポジションを避けるための、テクニカルを考案。

・SQ前日のおみくじ買い戦略検証(AKY)

 SQ時点の相場動向によって、その損益が天と地ほど変わることを過去データで示した。
 チャンスの大きい時には多く、小さい時には少なく買い建てする手法を紹介した。

・先物オプション取引での留意点(NKG)

 先物オプション取引での留意点を過去の経験から特に迷いやすいオプション価格の特異性と原資産との兼ね合い等を、実際の売買での留意点として発表した。

・サブ口座での少額資金半放置運用戦略について(BOL)

 アベノミクス以降の相場環境における、調整や操作を最小限にする戦略をより適正に運用する方法について考察した。

・日経VI先物の基本情報とオプション取引との組み合わせ(AGT)

 日経VI先物の基本情報とオプション取引との組み合わせについて解説した。

・権利行使価格の違いによる勝率と損益率の変化について(YMG)

 オプション1枚のみを保持するシンプルな戦略を仮定して、権利行使価格の違いによる勝率と損益率の変化を自作ツールで検証した。

・変則カレンダーのエントリー(APM)

 変則カレンダーのエントリーに有利な条件について考察した。

第22回定例研究会

2014/6/21(土)13:00-17:00 銀座
参加者16人(うち話者6人、見学者4人)。
終了後に飲み会。

【内容】
・先物GAPトレード(MGU)
 先物にGAPが生じたときのトレードの優位性を検証した

・IPO投資について(B)
 IPOの配分にいて、配分ルール、配分実績、注意事項を発表した。

・日経225オプションの検証(OKZ)
 下記の項目を検証した。
 毎日オプション売ったら死ぬのか?
 SQ前日のオプション買いは?
 ダイナミックヘッジって儲かる?
 
・SQ一週間前のストラドルとストラングルの比較(AHO)
 複数のケースを比較して検証。

・LSの仕掛けタイミング(HTR)
 N225先物の動きを分析し、最適な仕掛けタイミングを探り、LSの損益を検証

・SSと相性の良い、買い戦略(MNA)
 デルタフラット・ベガフラットでかつセータ負けしにくい、safetyな戦略を考案。
 リスクリワードレシオの高い日経VIアノマリーについて紹介。

第21回定例研究会

2014/3/8(土)13:00-17:00 銀座
参加者13人(うち話者6人)。

【内容】
・短期逆張りカバコ手法の検証(CYN)
 直近の相場で成果を上げているカバードコール手法を過去5年分のデータをもとにバックテストを行い、その優位性の有無を検証した

・25日移動平均線乖離率とPUT戦略(MRI)
 プレミアムの移動平均線乖離率チャートを使用して、プット買い・売りの両建て戦略について報告した。
 プット買いを仕掛けるタイミングのルール化が今後の課題である。

・カバードプットとバックスプレッドの戦略(RKN)
 カバードプットによる相場の下落上昇暴騰の戦略的考察とバックスプレッドによる戦略意義を考察した。

・災害対策(SAK)
 東日本大震災から約3年、これから起きるであろう災害に対する考え方をまとめた

・OP自動売買をSSで行う場合の考察(AKY)
 考案したショートストラングルの自動売買ロジックと、青天シミュレータでバックテストした結果について報告した。

・カレンダースプレッドにおけるベガ補正について(AGT)
 期近カレンダーをベガフラットで組成し、相場が大きく動いたケースを検証
 最近の期近と期先のIV変化差異を算出し、ベガ補正が適切か考察

第20回定例研究会

2013/12/14(土)13:00-17:00 八重洲(ルノアール)。
参加者20人(うち話者6人、見学者2人)。
終了後に忘年会。

【内容】
・インデックスに基づいたオプション損益の振り返り(FPN)
 オプションのインデックスを用い、オプションにかかる原価を算出した。
 同時に今年がいかに難しい年であったことを明らかにした。

・ベガフラカレンダーとレシオの相違点について(PCH)
 ベガフラットカレンダーのガンマとベガの耐性についての検証と証拠金の推移。

・従前のトレード振り返りと、今後へ向けたリスク指標等の考察(BOL)
 IVと日経の相関等、相場環境の変化への対応を目指し、skewとkurtosis、高次greeks等を考察した。

・Vomma+戦略についての検証(APM)
 Vommaをプラスにした戦略をIV急騰時に行うとどうなるかを検証した。

・遺伝的アルゴリズムについて(YMG)
 GA/GPの基本概念から、トレードへの応用として売買ルールの生成や検証を自動化する手順を紹介した。

【コメント】
 今年最後の研究会で、終了後は忘年会で盛り上がりました。
〔APM〕

第18回 定例研究会

2013/6/15(土)12:00-17:00 八重洲(ルノアール)。
参加者20人(うち話者8人、見学者1人)。
終了後に飲み会。

【内容】
①TDシーケンシャルを利用したトレードの検証(SAK)
 TDシーケンシャルと1時間足を利用したトレード手法の検証。日本時間6時から10時までの間のトレンドが、続くことがわかった。今後、さらに精度を上げる方法を考える。

②IVチャートのテクニカル分析(MAC)
 IVチャートがテクニカル分析になじむか否かを検証し、一部の指標が、IVの下落を比較的的確に予測する目安となり得ることを解説した。

③大変動時のガンショー対処についての考察(PCH)
 2013年5月の大暴落を受けて、ガンショーポジをうまく回すにはいかなる手法が有効だったのかを検証。

④新値更新時に取るポジションについての考察(AHO)
 中長期のトレンドが明確に出ている際に、トレンドに準じた新値を更新した場合に、新規に取るポジションでの優位性を検証。

⑤ストレス少なく本質的価値をもらう期先両バタ戦術(AKY)
 上下両方向のOTMに期先でロンバタを組むことの優位性について説明し、最近の大きく動く相場対応としてロンバタを用いたトレンドフォロー戦術について解説した。

⑥低IV時のガンマロング戦略(GRI)
 低IV時に売1買2のBSをガンマロングで両建てし、1年間の収益の推移を見る

⑦許容変動幅を用いたIV予測(APM)
 先物の許容変動幅を視覚化し、IVの予測を行う。また、イベント盛りなどの値幅によらないIV上昇や下落を捉える。

⑧ガンマフラットレシオによるOP戦略(CNE)
 トレンドに強いOP戦略として期先OPを用いたレシオスプレッド戦略を紹介し、過去3年分のデータを下にその優位性を示した。

⑨長期のファープットのIVの比率の推移とバックスプレッドについて(APM)
 バックスプレッドが爆発する基本的な仕組みと現在のファープットのIVの割安割高度を長期のグラフを用いて説明。

【コメント】
 直前で発表者が2名減ってしまったため、管理人としては時間が余ることを心配していた。
しかし、面白い発表が多かったため結局時間がぎりぎりになるほど議論が白熱した。
発表者は皆、きちんと準備をして定例会に臨んでくださり興味深い発表が多かった。
色々な種類の発表を聞くことで刺激を受け、発想が広がり新たな戦略につながるという、青天に所属していることの利益を享受できた1日でした。
〔APM〕

第17回 定例研究会

2013/3/23(土)12:00-17:00 八重洲(ルノアール)。
参加者18人(うち話者7人、見学者1人)。
終了後に飲み会。

【内容】

①米国VIX先物のスプレッドトレード(TAR)
 VIXカーブの特性とトレード手法を解説。とくに暴落時の期近と期先のスプレッドの反応を検証した。
②自作ツールの紹介(GCH)
 自己紹介と今までに作ったツール(日経225の任意の日時のSQ値算出ツール、ギリシャ指標計算ツール、チャット履歴検索ツール)の紹介。
③ガンマに着目したトレードの考察(BOL)
 イベント時のガンマフラットのデイトレ戦略、ガンマロング戦略、昨年の低IVの考察。
④通貨オプションの総括(PO)
 通貨オプションについて日本人が知っておくべき事柄、すなわち通貨オプションの種類、戦略、実際の取引のイメージ(商い状況・証拠金・利益率など)、接近時の対処法について総括的に解説。
⑤トレンド転換警報短期MACD検証(JIR)
 短期MACDに関し、標準との比較や最適化などにより、トレンド転換警報として活用できるか検証。
⑥ロングストラドルによるガンマロングとコールレシオ(RKN)
 IVが低い時期におけるロングストラドルとコールレシオの組み合わせの戦略を考察した。高IV時においてはLSからデビッドスプレッドに変え、戦略を発展させた。
⑦海外個別株オプションの売買(BTR)
 ここ1ヶ月の売買系譜の発表。使用しているTWSシートについても言及。
⑧衆議院選挙前後のオプション戦略(PO)
 12年12月の衆議院選挙の前後に各ポジションを取ったときの損益やパラメータを検証。パラメータからは予測できないいくつかの意外な結果を紹介した。

【コメント】

 年度末のせいで欠席者は多めだったが、例によって内容は充実していた。時間があまる可能性を考えてPOはトピックを4つ準備していたが、時間が押して2つしかできず。
 見学者の方もレベルの高い発表の連続に感心なさっていたようだ。

 POが研究会で進行役を務めるのは今回をもって最後となる。終わりの40分間で引き継ぎと短いスピーチ(『青天井の歴史と基本姿勢』)をした。
 定例研究会も開始して丸4年になるが、初期のころとくらべると発表のレベルは格段に上がった。今後とも各メンバーが充実した発表をして、いっそう研究会を盛り上げていくだろうことを旧管理人は確信している。〔PO〕